レーザー脱毛師入門【1】 初照射にトライ!

ダイオードレーザー脱毛器

ひょんなことから、現在、ある美容系の医療機関で看護助手をすることになりました。ついにレーザー脱毛を体験することになりました。

とくに脱毛要員が足りないというわけではないのですが、どうも男性のVライン要員ということらしいのです。うちのスタッフは女性ばかりで、彼女らは男性のVラインはやりたがらないらしいのです。

自分の手の甲に、レーザーを照射!!

施術のやり方を教えてくれたのは、数少ない男性スタッフのAさんでした。 まずは機械(ルミナス社のライトシェア = 写真)をベッドのそばに移動し、電源コードを入れ、スイッチペダルを適当な位置に配置。機械の後ろにある電源を入れ、操作画面の指示に従い前面のキーを回しスイッチオン。

引き続き画面の指示に従い(画面の表記は英語で、実際はAさんの指示)、画面のタッチパネルもONに。するとハンドピースを機械に設置したままで4発のテスト照射を促されます。それが終わるとスタンバイ。スイッチペダルを踏んでハンドピースのボタンを押すとレーザーが照射されます。

Aさんはまくらに紙をまいて赤いマーカーで線を約1センチ四方の四角形を3つ書きました。その3カ所に実施に照射です。実際の施術時と同様にジェルを塗って、1つ目はレーザー出力を1番弱い10J/Cu、2つ目は12J/Cu、3つ目を14J/Cuで打ちました。

これは患者さんに対してテスト照射はこうするんだという説明のためのもので、実際には強さを変えた3種類の照射を行なって、患者さんに痛たさ加減を判断してもらい、さらに10分程度時間を置いて、赤みなど肌の反応をチェックします。

さて、今度は自分の手の甲を剃って、そこに実際に打つことにしました。ジェルは多めに塗ったほうがいいそうです。だだし垂れない程度に。1発目だけをAさんい打ってもらい、あとは自分で10発ほど打ちました。

10J/Cuだったのでたいして痛くはなく、よくゴムでパチンという説明がされておりますが、まさにその通り。時間もないので照射訓練はその程度でしたが、各部位の範囲だとかVラインのやり方だとかは、写真で説明されたマニュアルみたいなものでサクッと教えてもらいました。

>>続きはこちら

 

スポンサードリンク